腎臓病の宅配食は口コミを見て決めました

腎臓病にはDNAに起因する腎炎から、後天的なものが原因で発症するものなどいろいろありますが、日頃から健康診断を怠らないようにし、日常的に規則正しい生活を続けることにより気力・体力に満ちた日々を過ごせるでしょう。けれども、ある腎臓病に関しては自己判断が難しいものもあるので、病気を未然に防ぐには自己管理も必要です。たとえば、いつもとはちがう尿が出た場合は、医師の診断を仰ぎ自己判断を避けましょう。私たちの腎臓はソラマメに似た形をしており腰(激しい運動をしたりした後は、しっかりとケアして疲労をとるようにしましょう)辺りの左側と右側に1個ずつ存在します。糸球体という小さな血管がありますが、腎臓にはこれが数多く存在している場所でもあるでしょう。この腎臓の主なはたらきはというと、たんぱく質の代謝によって生じた血中のいらなくなったものを尿と一緒に排泄します。その他、体内に含まれる電解質の濃度を一定に保つ、また、赤血球を創り出すホルモンや血圧なども調整し、骨組織に必要なホルモンを創り出すなどの私たちの体にとって必要不可欠な役割を担っています。腎臓病が徐々に進展してくると腎不全といわれる状態になります。そのうち、急激に腎臓機能が低下する急性腎不全と、数か月から数十年の長い年月をかけてじわじわと肝臓を悪くする慢性腎不全があります。先に挙げた急性腎不全は、適切な治療を行って容体が悪くなった原因を理解・解決することによって、健康な状態への回復が期待できます。後に挙げた慢性腎不全では、腎不全の進行と一緒に腎臓の機能が徐々に失われ、腎機能は回復しません。腎臓の機能に病的なサインが顕れた場合は、慢性腎不全に進行するパターンがほとんどです。しかし、近年では医療技術が進歩し、早期に治療を開始すれば、腎臓の機能低下の抑制に努めたり、遅らせることができるようになりました。また、末期腎不全まで進行し腎機能の回復が見込めない状態になっても、腎代替療法といわれる透析療法や移植などのほかそれぞれに応じた治療法も加わり、患者(あまり薬に頼りすぎると、治りづらくなることもあるかもしれません)自身の希望に沿った最新の治療が期待できます。腎臓の負担を軽減するためには、減塩することが大事です。食塩摂取量の目安として望まれるのは、一日6g未満です。加工品や塩蔵品をさけて、生の食品を選んで下さい。天然のだしは料理の味付けに最適です。天然の味をおいしく食べることができます。肉・魚・卵・大豆製品・乳製品には、たんぱく質が多く含まれます。たんぱく質の制限を必要としている方に相応しい食品として「低たんぱく食品」が一般に販売されています。まずは具体的な使い方に関して、管理栄養士に相談してください。毎日の食事についてどんな食品をどのくらい摂ればよいか、また献立の工夫や、各々に応じた食塩の抑え方などを指導します。低たんぱく食事療法ですと、治療用特殊食品の使用が不可欠ですから、治療用特殊食品の紹介や使い方なども教えます。具体的に患者(あまり薬に頼りすぎると、治りづらくなることもあるかもしれません)さんがどのくらいのたんぱく質や食塩を体内に含有しているかを明りょうにします。1日24時間の蓄尿の検査から計算します。1日分の尿への尿素窒素やナトリウムの排泄量を見ることで、たんぱく質や食塩をどのくらい摂っているかがわかります。腎臓病に罹患した方の増加が、近年問題になっています。腎臓というのは背中に2つありそこで尿を創り体の中で不要となった老廃物(規則正しく、なるべく速やかに体外へと排出するのが理想です)を体の外に出したり、あるいは電解質のバランスを保ったり、血液に対して酸性への偏りを防いだり、血圧の管理であったり赤血球の生成にも関係し、私たちの体内でたいへん重要な機能を成しています。腎臓に関する治療は病院に行って相応の対処も必要ですが、それ以前に、日頃の食生活習慣を見直すことが大事です。CKD治療の主なものは薬物治療と食事療法で、CKDの進行を食い止めるためにもこれらの管理を果敢におこなうことが大事です。そのための食事療法は減塩・蛋白制限がメインとなり、そのうち減塩食は高血圧治療の手間を省き、かたや蛋白制限食においては腎機能の抑制効果が認知されています。CKDステージ3においては減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日が相応しいとされていますが、この量は日本人の平均的な塩分・蛋白のおよそ半分にあたるため、いわゆる蛋白制限食は不味い、栄養が足りないなどという意見で、実施するのが難しい方もたくさん見られます。理想的な蛋白摂取量は、体重1kgあたり大体0.8gとされています。標準体重を約60kgと仮定すると、蛋白摂取量は、一日におおよそ50g必要となります。食品に含まれている蛋白の量については食品標準成分表を参考にしてもらえばよいと思います。これらの食事療法については、栄養士からの食事指導でさまざまな工夫についてしることができます。開業医さんで食事指導が難しい場合は、腎臓内科のある近隣の病院を紹介してもらい、そこで専門的な意見を伺うこともよいかと思います。慢性腎臓病の場合、腎機能が元の状態に回復することはほどんどないため、だんだんとカリウムの排泄能力が低下していくことが多く、体内へのカリウム摂取と体外への排泄の調整が必須条件となり、必要に応じてカリウムの摂取を抑えていくことが不可欠です。市販の野菜ジュースは、野菜や果物を濃縮したものなので、生のままの野菜や果物と比較するとカリウム含有量は極めて高いものが多いです。仮に、腎機能が正常に働いていない患者(あまり薬に頼りすぎると、治りづらくなることもあるかもしれません)さんが、日頃から野菜ジュースを多量に摂取した場合、高カリウム血症に罹患するリスクが高まります。もっと詳しく調べたい方はこちら⇒腎臓病 食事 宅配 口コミ