クレアギニンEXと食事療法の併用は腎臓病に効果的

徹底した食事療法を手掛ければ慢性腎臓病に罹っていても、体内に老廃物や毒素は蓄積されていきません。老廃物が無くなれば尿毒症を引き起こさず、慢性腎臓病の進行を妨げる事も可能になります。非常にうまくいくと、慢性腎臓病の進行が止まったと言っていい程遅らせられるようになります。食事療法・食事制限は困難だと捉えられがちですが、実際はそこまで厳しいものではありません。食事療法・食事制限と言うのは、患者が自主的に手掛けられる最善の治療方法です。日々の食事で得たたんぱく質は、体を動かすためのエネルギーへと変化しますが、幾らかは老廃物になり血液中に留まります。血液は腎臓に運ばれて濾過された後に、老廃物は尿として排泄されます。たんぱく質を過剰摂取すると、老廃物が増えてしまい、腎臓に与える負荷が増してしまいます。腎機能を正常に保つために、たんぱく質の摂取量を調整する重要が出てきます。とは言え、たんぱく質は人間の体にとって大切な栄養素であるため、一定値は摂取しないといけません。カリウムは水溶性の成分であるため野菜・芋類を食材に使う場合、小さくカットし水さらしもしくは茹でこぼしを終えてから調理に進みましょう。茹でた場合に除去できるカリウム量は、使用する食品の種類や調理の際の処理時間や形状・水量により違いが出ます。ほうれん草などの葉茎菜類で約45%、いんげんなどの青豆類は30%当たりは削減できます。小さめのサイズに切る、茹でた後はしっかり水を切る、加えて搾る作業を行う事で、カリウムは減らしていけます。人体に重要な3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質があります。糖質と脂質は体内で燃焼されることにより水と二酸化炭素に変化し、腎臓や肺に居座り続けることはありませんが、たんぱく質は分解されると7~8割は窒素を伴った老廃物に変わるため、排泄の際に腎臓に負荷が及びます。ですので、日頃から摂取するたんぱく質の量をセーブするようにしましょう。体を維持するための最小限のたんぱく質は体重1kg当たり0.6g/日が重要とされ、一日換算で約30g~40gです。腎臓病を患うと糸球体が蝕まれるため本来通り血流が成されずに、無駄な水分やナトリウムが体内に残留しやすい体質となってしまいます。加えて尿と共に排出されて無くなるべき老廃物に至るまで、体内に加算されていきます。こうした状況下になると、窒素が血液中で増加し、尿毒症の元凶となったり、ナトリウム濃度が増加し高血圧を引き起こす危険性が出てきます。なのできちんと食事療法・食事制限を手掛けて、塩分・水分・蛋白質・エネルギーに関して特定量摂り続ける重要があります。肉・魚・卵・豆腐に関しては中々のたんぱく質が含まれていますし、食べ過ぎてしまう食品でもあるので注意が重要です。甘い味付けの食べ物には思ったより多量のたんぱく質が入っています。お菓子の種類よっては乳製品や豆類が混入されているので、エネルギーを摂取しようとして食べ過ぎると、たんぱく質の過剰摂取になります。例を挙げれば、ショートケーキ1つでも卵1個に近いたんぱく質が含まれます。クレアチニンについては筋肉中にある物質を介して生じる老廃物であって、腎臓に届いて分離が行われた末に尿と一緒に体外へ出されます。クレアチニン量は、個人の筋肉や運動量に付随します。故に、大抵の場合男性の方が高めの数値が出るようなのです。筋肉量が落ちてくると、当然クレアチニンの数値も下がります。加えて、妊娠状態にある際は、尿と合わせて排出するクレアチニン量が飛躍するので、クレアチニン値が低くなります。慢性腎臓病における食事療法・食事制限の意味合いは、慢性腎臓病を極力進行させない事と、健康状態の維持になります。人工透析の要らない保存期のうちは、食事療法・食事制限次第で腎不全の進行をスローペースにし、結果として透析の導入時期を遅らせられます。また、人工透析導入後も、体調を保ちながら安定して透析を続けていくために、食事療法・食事制限は必須なのです。慢性腎臓病でお困りの方に適した、低たんぱくの特殊食品があります。こう言った食品を適切に摂り入れる事で、そのままでは難しい食事制限が行いやすくなります。腎臓の機能が低下するにつれ、今よりも力を入れて食事を管理しないとならない状況に陥ります。また、糖尿病の患者さんは血糖管理のため、エネルギー量にも病理制限が生じます。個人の見解で判断するのではなく、専門の知識を有する管理栄養士や医師の指導の元メニューを決めるようにしましょう。浮腫が際立っていたり尿量が明らかに少ない場合、塩分と水分の病理制限を設ける重要性が出てきます。この際の病理制限の定義としては、飲み水の他、食品自体が持つ全ての水分と考えます。浮腫そのものが無い或いはそこまで酷くない場合塩分の病理制限のみで済みます。病理制限を設ける水分の量に関しては病気の進行具合や尿量により医師が判断します。脱水状態に陥ると腎臓機能はどんどん低下していきますので自身のみの判断で病理制限を行うのは宜しくありません。
おすすめサイト⇒クレアギニンEX